シミ対策に有効な手段|セルフケアと専門家の力を借りる

レディー

美肌は自分で守りましょう

スキンケア

美肌の天敵はコレです

美肌というと、透明感のある白い肌を思い浮かべる人が大半だと思います。陽射しが強くなると、知らない間に顔のみならず、手の甲や身体のあらゆる部分にシミができやすくなります。そうならないように、いろいろな対策を行っている人も多いようですが、シミの原因を知らずして防げるものではありません。シミは、皮膚内でメラニンが過剰に生成されることで発生します。それを活性化させるのが、紫外線です。2種ある紫外線の一方は、皮膚の細胞を直接攻撃するのに対して、皮膚の真皮で免疫細胞を刺激して炎症を引き起こします。これによって活性酸素が発生しシミの原因となるメラニンが作られます。また、日焼けなどによる炎症も原因の一つです。これらを防ぐ対策として、紫外線対策を行うことが不可欠です。日焼け止めや日傘、長袖の服などが簡単にできる防止対策です。

未然に防ぐにはこの方法

できてしまったシミを嘆くよりも、作らない対策が必要です。シミの原因である紫外線を避けるためにも、日常的に対策を講じることが、シミができる人と作らない人の違いに繋がります。紫外線は、晴れの日だけではなく、曇りの日にも晴れの日の50〜80%程度、発生しています。また、添加物や着色料の入った化粧品にも紫外線は反応してシミを作りやすくします。それゆえ外出時には日傘や長袖の服、サングラスなどが必需品となります。肌に直接働きかける日焼け止めクリームは、一番有効な防止対策です。それと並行して、身体の内側からもケアをするとよいでしょう。規則正しい生活と十分な睡眠や新陳代謝を活発にするビタミンやミネラルの摂取もメラニン色素を排出するのを手伝ってくれます。